安城ジャズクラブのホームページ
安城ジャズクラブのホームページ
安城ジャズクラブ | 安城ジャズクラブ事務局 | アーカイブス | 野武士 | 細井としひこさん
ブルースウィング | 岡崎ジャズを楽しむ会 | jazz bassist 中山英二 | ニューカン
Anjo Jazz Club Live
jazzMist / 赤崎真由美 with strings
〜ジャズと弦楽四重奏とのコラボを楽しむライブ〜
「jazz Mist」
赤崎真由美(vo)/鈴木崇洋(vn)/鈴木理恵(vn)
小松大(va)/小倉早織(vc)/石黒範昭(cb)/水野修平(p)

Jazz Mist アルバム 「HEART STRINGS」 4月25日発売を記念したライブが決定しました。
地元刈谷市出身の水野修平さんを中心にジャズと弦楽四重奏とのコラボを2006年末に「jazz Mist」として結成し2007年にその活動は好評を得て今回そのCDが発売されることになりました。
安城ジャズクラブでもぜひライブをとの声から実現しました。
あなたを優しくつつむジャズミストシャワーフレッシュなクリスタルヴォイス、 MAYUMI AKASAKI がストリングスとともに爽やかで、ロマンティックな世界をおとどけします。
アルバム「HEART STRINGS」は、ジャズスタンダード「Tea For Two」、「Fly Me To The Moon」からジョンレノンの「イマジン」等を収録。全曲にストリングスカルテットをフューチャーし、まるでミストシャワーのようなサウンドをバックに、ロマンティックなスタンダードソングを収録。

ジャズボーカリスト 赤崎真由美
2008年 5月3日(土)
【イベントスペース】 Big Ma'm(ビッグマム)
〒446-0031 安城市朝日町12-9 
TEL 0566-76-1339

開場 18:30 開演 19:00
参加費 ¥4,000.−

【チケット取扱】
日新堂書店(安城市御幸本町)
TEL 0566-75-2028
竹内書店(安城市御幸本町)
TEL 0566-74-0511
ろくえん市民会館店 (安城市桜町)
TEL 0566-75-0777
山崎石油(安城市百石町)
TEL 0566-76-4887
[[[ 赤崎真由美(ヴォーカル) PROFILE ]]]
1994年からヤマハ・ジャズヴォーカル・スクールにて指導を受け、自ら声の奥深さに興味をもち発声を独学で勉強。1997年から本格的にプロ活動を開始。 明瞭で美しい英語の発音には定評があり、それは通訳養成学校で4年間みっちり鍛えた成果。 2004年8月には日本を代表するドラマー大坂昌彦やトロンボーンの片岡雄三、名古屋の若手実力者である水野修平(ピアニスト、アレンジャー)らのサポートによりファーストアルバム「Entrancing」をレコーディング、2005年2月にポリスターの「JAZZBANK」レーベルよりリリース。同メンバーと共に2004年11月愛知芸術劇場にてファースト・ジャズ・コンサートを開催して大成功を収めた。 また、同年9月からCBCラジオのパーソナリティも務めるなど、多才な面をのぞかせている。限りなくエレガントに、限りなくチャーミング、新しい感性をもったシンガーとしてこれからの活躍が多いに期待される。
[[[ 小松 大(ビオラ) PROFILE ]]]
ヴィオラ・ヴァイオリン奏者 2006年生れ、 名古屋市出身。地元名古屋の菊里高校を経て愛知県立芸術大学卒業。 在学中は演奏活動の傍ら大学祭オペラや様々な演奏会の運営などに積極的に携わる。 02年より海外教育支援のNGO主催のチャリティークリスマスコンサートの演奏、企画を行う。 03年、オーディションにより大学内室内楽演奏会に出演。 この頃からピリオド楽器によるバロック、古典音楽の演奏に興味を持ちはじめる。 03年より自主運営による「愛知室内オーケストラ」 にヴィオラ奏者として参加する。その後、同オーケストラでは運営スタッフ(インスペクター)として団の運営、演奏会企画なども行っている。 ヴァイオリンを宮島克実、森下陽子 ヴィオラを杉山光太郎、菅沼準二、百武由紀 の各氏に師事。 愛知を中心に演奏活動を行っている。
カルテットヴォーノのメンバーとして小淵沢室内楽セミナーで「緑の風 音楽奨励賞」受賞。 これまでに宮島克実、森下陽子、杉山光太郎、菅沼準二、百武由紀 の各氏に師事。 アイルランド音楽に興味を持ち、2006年3ケ月間現地に滞在。 アイリッシュフィドルプレイヤーとしても活躍をしている。 2003年より愛知室内オーケストラのメンバー。
[[[ 小倉早織(チェロ) PROFILE ]]]
三重県久居市出身、愛知県立芸術大学音楽学部器楽専攻卒業、同大学器楽専攻研究生を修了。 第8回みえ音楽コンクール弦楽部門チェロの部で第1位となる。
これまでに、チェロを川出三和子、天野武子、ルドヴィートカンタの各氏に師事。 現在、演奏活動の傍らヤマハPMS講師も務める。 愛知室内オーケストラ・フォンターナストリングスのメンバー
[[[ 鈴木理恵(ヴァイオリン) PROFILE ]]]
愛知県岡崎市出身。愛知県立明和高校音楽科を経て、愛知県立芸術大学音楽学部器楽専攻卒業。 在学中はとくに室内楽に力を入れ、学内演奏会をはじめ学外の様々なセミナーを受講、演奏会などに数々出演。
現在は愛知県内を中心に演奏活動、指導を行っている。 趣味は愛犬との散策、そして5年目に突入するも未だ初級レベルのハンガリー語。
[[[ 鈴木崇洋(ヴァイオリン) PROFILE ]]]
宮城県出身。1981年生まれ。 愛知県立芸術大学音楽学部において器楽科のヴァイオリンを専攻し2003年同大学卒業。 弦楽四重奏では2002年に原村室内楽セミナーにおいて「緑の風 音楽奨励賞」を受賞。
現在、藤田保健衛生大学客員講師、ヤマハミュージック東海講師、愛知室内オーケストラ・Mens Laのメンバー。 共に地域性を重視した若者たちによる活動として好評をはくしている。
[[[ 石黒範昭(コントラバス) PROFILE ]]]
1974年 春日井市に生まれる。 幼い頃からPOPSを中心に音楽を聴くようになり、ピアノ、エレクトーン、ユーフォニウム、チューバなど種類問わず多くの楽器を経験。
日本福祉大学入学後Jazzに興味を持ち、21歳からウッドベースを本格的に始める。在学中に名古屋のJazzクラブで演奏したのがきっかけとなり、卒業後'98年にLiveデビュー。
Jazz以外のBandにも在籍し、関東や関西、九州への遠征、2002年にLAでのLiveツアーも経験。 現在、名古屋を中心に多くのJazz Musicianとのセッションや自身のBandを中心に活躍中。
[[[ 水野修平(ピアニスト、作曲家、編曲家) PROFILE ]]]
1970年 愛知県刈谷市生まれ 中学生の頃から独学でジャズピアノを弾きだす。18歳の時、現在のC.U.G. Jazz Orchestraのリーダーでもある小濱安浩(tenor sax)と知り合いライブハウスを中心に演奏活動を始める。大学在学時に原朋直(tp)大坂昌彦(drs)クインテットをはじめとした多くのセッションに加わり数多くのレコーディングにも参加する。卒業後は、村田浩(tp)The Bop Bandにも加わり全国的なツアーも開始する。又、作・編曲家としてもC.U.G. Jazz Orchestraを中心とし、宮間利之 New Hard Jazz Orchestraなどに作品を提供している。 ’01秋にはC.U.G. Jazz Orchestraにてアメリカ西海岸ツアーを行い、特に自己の楽曲、編曲に対し高い評価を得る。
主催:安城ジャズクラブ

安城ジャズクラブ事務局のご案内
〒446-0063 愛知県安城市昭和町15−11 (クリニック さとう 内)
TEL 0566-76-2858  FAX 0566-77-2429
E-Mail sato@anjo-jazz.com 

更新日 2008年07月10日