安城ジャズクラブのホームページ
安城ジャズクラブのアーカイブス
安城ジャズクラブ | 安城ジャズクラブ事務局 | アーカイブス | 野武士 | 細井としひこさん
Anjo Jazz Club Live
ジャズとクラシックの融合
海外のビックアーティストとの共演暦を誇り海外でも大きな評価を受けている、
ジャズベーシスト中山英二と、クラシックヴァイオリンの名手として活動を続けている、硲 美穂子、
そしてジャズボサノバの新境地を開いている山口友生とのジャンルを超えた音世界・・!
2004年10月24日(日)
開場 6:30pm 開演 7:00pm   ライブチャージ ¥3000.-
会 場  アサヒ倶楽部

中山英二(bass)  EIJI NAKAYAMA
北海道札幌出身。1982年デビューアルバム「北の大地」で一躍
脚光を浴びて以来、海外のビックアーティスト、エルビン・ジョーンズ、
ドン・フリードマン、そしてローランド・ハナ等と共演。
1990年にニューヨークのミュージシャンをメンバーに従え
「中山英二ニューヨクカルテット」を結成するなど国内だけでなく海外でも
高い評価を受けている。リーダーアルバム13作を発表、
自叙伝「北の大地から」を10月上旬に出版する。2003年3月、
デビューアルバム「北の大地」が24ビットCDで復活される。
同じく4月には、ローランド・ハナの最後の演奏を収録したモリアルアルバム
「ラストコンサート」が発売される。2004年3月、ピーター・マドソンとの
デュオアルバム「エイジーズムード」を発売。
硲 美穂子(violin)  MIHOKO HAZAMA
東京芸術大学卒業。同大学院修士課程修了。
故福井 巌、故岩崎洋三、ロバート・ダヴィドヴィッチの
各氏に師事。1991年全日本演奏家協会主催モーツアルト・
コンテスト、’92年同協会主催フランス音楽コンクール入賞。
’94年カナダ、ヴィクトリア・インターナショナルフェステイバル参加。
2000年6月武久源造氏とのCD「鍵盤音楽の領域vol.6」に参加。
2002年6月ジャズベーシスト中山英二氏のプロデュースにて
初リーダーアルバム「ハートストリングス」を発売。
2004年6月、ヴァイオリンとギターのデュオアルバム
「葡萄の丘から〜ファンタジア・エスパニョーラ」をリリース。
現在、クラシックだけの領域にこだわらずジャズにも挑戦中。
山口友生(guitar)TOMOO YAMAGUCHI
東京出身。大学在学中、ジョージ大塚バンドで演奏活動を開始。
その後、山口真文バンド、小島のり子バンド等に参加、また多くの
ボーカリストの伴奏を行う。1990年頃から、アコースティックギターを
手がけここ数年はアコースティクギター主体に活動している。
2002年7月より中山英二とのライブツアーを行なう。
最近の参加CD・・木原健太郎「Inner Voice」「Sessions #1」
EAST「農夫の喜び」

安城ジャズクラブ事務局のご案内
〒446-0063 愛知県安城市昭和町15−11 (クリニック さとう 内)
TEL 0566-76-2858  FAX 0566-77-2429
E-Mail sato@anjo-jazz.com 

更新日 2006年10月25日